うつ症状かチェックしよう【小さな変化が病気に気づくきっかけ】

早期治療が重要

カウンセリング

おかしい症状があったら

普段と変わらない様に感じても何かいつもと感じが違うと感じたら、それはもしかするとうつ病を発症している証拠かもしれません。うつ病は見た目が大きく変わりませんが、例えば何をしてもやる気が起きなかったり、集中力が掛けたり、抑うつの症状が出てしまう病気です。この病気は急に仕事に対するやる気が無くなったりしてしまう為、周りの人から見ればなんで仕事をしないのだろうとやる気がないと思われてしまう場合もあるでしょう。その為、周りの人から誤解されてしまうなど、なかなか理解されにくい病気でもあります。この病気は自然治癒がなかなか難しい病気です。放置していればいずれ治りだろうとそのままにしていると、どんどん進行してしまう可能性もある為、出来るだけ早く気付き、病院にいくことが大切です。病院は精神科や心療内科を利用しますが、ここでは世界的な判断基準を用いて症状の出方をチェックしていきます。チェック表には16項目の質問があり、どの答えが一番自分の症状と合っているのかを答え、その答えを点数化していきます。そのチェック表を元に症状の重症度を割り出していきますが、その他にも問診をしっかり行い症状がどの程度の期間続いているのかなどより詳しく聞き取りをしていきます。うつ病は食欲の低下や睡眠不足など様々な症状が出る病気です。誰もが同じ症状という訳ではなく、症状の出方にも個人差がある為、周りの人も、また本人でさえもなかなか気付きにくい病気です。治療が遅れてしまえばその分完治までの期間が長引いてしまう為、出来るだけ早く病気に気付き治療をすることが大切です。もしうつ病になってしまったら、しっかり治療をすることが大切です。そのまま放置してしまうことにより症状がどんどん深刻になってしまう場合もあるでしょう。また、何かおかしいと感じたらうつ病かどうかセルフチェックすることが出来るチェックシートもある為、もしおかしいと感じたらチェックしてみることをおすすめします。精神科や心療内科では、心と体をケアする為の治療が行われます。抗うつ剤など使用した薬物治療や心に働きかける精神療法など用いて、しっかり改善する為の治療が勧められるでしょう。また、うつ病の場合の治療は長引いてしまう場合も多いでしょう。この病気は再発する可能性も高い為、治療はじっくり行われます。また、抗うつ剤など処方される薬ですが、徐々に効果が発揮される薬です。副作用もある薬の為、ドクターも副作用が出ていないかチェックする為、最初は少量ずつ処方することが多くなっています。その為、飲み始めの頃はあまり効果がないのではないかと感じるかもしれませんが、しっかり飲み続けることが大切です。中には効果がないからといって途中で服用をやめてしまう人もいますが、せっかく効果は出始めているのにやめてしまってはもったいないです。きちんと薬の服用については自己判断はやめて、ドクターに相談することが大切です。早期治療は早期改善の為の近道です。少しでも早く治療をすることで、しっかり症状を改善することが出来るでしょう。決して治らない病気ではない為、何かおかしいと感じたら病院でみてもらいましょう。

Copyright© 2018 うつ症状かチェックしよう【小さな変化が病気に気づくきっかけ】 All Rights Reserved.