うつ症状かチェックしよう【小さな変化が病気に気づくきっかけ】

休養と薬で治療で回復へ

ウーマン

受診のタイミング

毎日を楽しく健康で過ごせることは幸せな事で、一日中気分が落ち込んでいる、何をしていても楽しむことができない、眠れない、食欲がないという状態だったら辛いですよね。もしこのよう状態が続いているならうつ病の可能性があり、ストレスなど様々な原因によって脳に機能障害が起きている状態なので、うつ病かどうかチェックしてみるといいでしょう。自分がうつ病なのかチェックするには病院を受診し、病気とわかればすぐに治療を始めることができます。病院での治療法は休養と薬による治療が一般的で、症状の回復には時間がかかりますが治療を始めたらゆっくりと休養をとって医師の指示に従うことが大切です。治療の第一歩は休養を取ることで、身体と心を休ませることでリフレッシュすることができますが、そのためには職場や家庭での環境を調節することが大切です。職場の場合なら残業時間を減らしたり配置転換をしてもらったり、家庭では家事を手伝ってもらい無理をしないで生活できる環境に整える必要があります。しかし患者さんの中には休むことはいけない事、常に何かをしていないといけないと考えてしまうため、家で休養が取れない場合には入院して治療する方法もあります。薬による治療ではSSRIやSNRIの抗うつ剤を処方されることが一般的で、症状にあわせて抗不安薬、睡眠導入薬、気分安定薬等も処方されます。ゆっくりと薬の効果が現れるため、効果がすぐに出ないからといって飲む事を止めたり、勝手に薬の量を増やしたりすると副作用が起こる場合があるので、医師の指示に従って薬を飲むことが大切です。うつ病かもと感じていても病院を受診することに抵抗がある人は、まずはチェックシートやインターネットで診断ができるサイトがあります。これなら気軽に診断することができ、その結果うつ病の可能性が高いとわかったらすぐに病院を受診し、チェックシートやインターネット診断の結果を病院に持っていけば診察の参考にもなります。また自覚がなくてもうつ病と診断される人が多くいるため、大きなストレスや事件等がきっかけでイライラが続き、生活に支障が出てしまうほど落ち込んでしまうなどの心の変化が2週間以上も続く場合には病院を受診してみるといいでしょう。特に大きなストレスや事件がなくても、何もする意欲がない、以前は好きだった事もやりたくない等、気分の落ち込みや意欲の低下はうつ病の症状で、心のサインになります。心のサインの他に食欲・睡眠・性欲にも変化があり、絶対に見逃してはいけないのが死にたいと考えるようになった時です。死にたいと思うほど辛い病気ですが、治療を始めることで気持ちが楽になるため、できるだけ早く病院を受診することが大切になってきます。病院を受診する際には何科にいけばいいのかよくわからない人もいますが、心療内科や精神科のある病院でカウンセリングを受けるといいでしょう。また病院に行く時には家族や周囲の人に付き添ってもらうことで、病気の理解も得ることができ治療をスムーズに進めることもできます。病院では予診、尿検査、血液検査などの一般的な検査、診察によって診断され、診断されたら治療が始まります。

Copyright© 2018 うつ症状かチェックしよう【小さな変化が病気に気づくきっかけ】 All Rights Reserved.