うつ症状かチェックしよう【小さな変化が病気に気づくきっかけ】

早めに病院を受診したい

手

様々なストレスが原因です

健康な人であれば、職場や学校、家庭などで嫌なことがあって、一時的に気分の落ち込みがあっても、趣味や娯楽を楽しんだり、十分な休息を取ったりすると2、3日で回復します。病気に罹ると憂鬱な気分や落ち込みが2週間以上続いたり、意欲や気力が減退したり、性欲や食欲などが低下することもあります。うつ病が疑われる時は精神神経科の病院やクリニックを受診して、医師によるチェックを受けて下さい。精神神経科の病院やクリニックは予約制になっている所が多いので、事前に電話をしておくことが大事です。精神神経科の病院やクリニックを受診すると、問診表に記入をすることが多いです。気になる症状にチェックを入れておくと、カウンセリングなどの精神療法を受けることで、病気の診断が付くことが多いです。一般的なうつ病は気分が落ち込んだ状態が長く続き、早朝や午前中は気分が優れないことが多いです。仮面うつ病は精神症状が少なく、胃のもたれや便秘や下痢を繰り返したり、頭痛や肩こりなどの身体症状が見られたりすることが多く、病気が診断されて驚いた経験のある人も少なくありません。新型うつ病は20代、30代の若い人に多い病気ですが、職場や学校では気分が優れないことが多いですが、休日に趣味や娯楽、旅行などを楽しめるのが特徴です。新型うつ病は周囲の人には怠けていると、誤解されることが多いですが、本人には大変辛い病気です。病気にはいくつかの種類があるので、症状に応じた治療を受けることが大事です。病院やクリニックの医療スタッフにチェックをしてもらい、適切な治療を受けて下さい。うつ病は職場や学校、家庭などの様々なストレスが要因になっているため、結婚や出産などで環境が大きく変化したり、転職や就職などで慣れない仕事をしていたり、人間関係などのストレスが病気の要因になります。普段の生活では辛い症状が出ている時は、家族に家事を分担してもらったり、育児のストレスを感じている場合は、両親やベビーシッターに依頼して子育てを手伝ってもらったりすることが大事です。産後はホルモンバランスの乱れなどが原因でうつ病に罹りやすいですし、高齢者も身近な友人や配偶者、兄弟姉妹などの死別などが原因で、病気を発症することもあります。普段の生活では過度なストレスを溜めないように、十分な睡眠や休息を心掛けることが大事です。病気が疑われる場合は病院やクリニックでチェックを受けることも大事です。病気が診断されると抗うつ剤や抗不安薬、睡眠導入剤を処方してくれるので、症状が改善するまでは根気よく続けることが大事です。精神的なストレスや体調不良などが原因で、発症することが多いので、朝型の規則正しい生活を心掛けたり、適度な運動を行ったりすることも大事です。うつチェックを受けて、病気が診断されたら、不安を感じている人が多いですが、最初から強い薬を出されることはないので、安心して下さい。抗不安薬や抗うつ剤は比較的副作用の少ない医薬品も増えているので、気になる副作用が見られる時は医師に相談して下さい。医師や薬剤師が薬の効能を丁寧に説明してくれるので、症状が少し改善してきても、自分の判断で中断するのは避けて下さい。

Copyright© 2018 うつ症状かチェックしよう【小さな変化が病気に気づくきっかけ】 All Rights Reserved.