うつ症状かチェックしよう【小さな変化が病気に気づくきっかけ】

ストレスを溜めすぎない

鬱

ありのままの自分で

遺伝子や生活習慣は体に大きな影響を与えるものです。そのため、どのような病気になりやすいかも人によって異なるのですが、逆にいえば傾向を知っておけば病気にならないように対策を取ることも可能と言いかえられます。ちなみに、特別な心の病気と考えられがちなうつ病に関しては、生涯で4人に1人がかかるといわれていますから、環境や状況が変われば誰でも掛かる可能性があるといえるでしょう。もちろん、病気になりやすい人の傾向というものもあり、これを知っておくことで鬱になりにくい体や習慣作りができます。うつになりやすい性格としてあげられるのは“真面目な人”や“責任感が強い人”です。こうしたタイプの人は物事を真剣に捉えるため、問題やストレスに直面したときも「自分がなんとかしなければ」と考えて悩んでしまったり、一方で「自分のせいでこんな事になってしまった」と自責の念を抱いたりする傾向にあります。そのため、知らない内にストレスを溜め込んでいたり、周囲から距離を取って一人で悩み続けてしまったりすることで、鬱になってしまうというケースもあるのです。他にチェックしたい部分としては、周囲に相談できるパートナーや家族がいるかどうかも重要なポイントになるでしょう。変化に気づいてくれる人がいれば重症化する前に病院で診察を受けたり、ストレスをケアするためのケアを始めるきっかけにもなったりします。鬱になりやすいかどうかをチェックするためには性格や考え方もありますが、環境や周囲の人の存在も大きな判断基準となるのです。自分が条件に当てはまるかどうかを第三者的な視点で見て、ストレスを溜めすぎないよう注意しましょう。最近なんとなく元気が出ない、食欲が湧かなかったり、寝付きが悪かったりといった症状はうつの代表的な症状といえます。日常的には些細な変化のようにも見えますが、こうした小さな変化が病気に気づくきっかけになりますし、小さな変化が次第に大きくなって日常生活に支障をきたすことになりかねません。うつ病チェックのテストや病院での問診票などもこうした変化について問われるケースがほとんどです。病院に行って自分のことを根掘り葉掘り聞かれるのではと恐怖心を抱く人もいるかもしれませんが、パーソナルな部分に触れるような質問はそれほど多くありません。さらにいえば、自分が話したくないことや今はまだ言えないと感じるようなことは答えなくてもOK。むしろ「言えないことがある」という正直な心境を医師に伝えることも、診断をするのには役立つ情報ですから、自分の気持ちを素直に伝えるつもりでいましょう。ちなみに、うつのチェックに用いられる質問としては先に述べた睡眠・食事などの変化に加え、体重や興味関心が変化していないかなどについても尋ねられます。自分が悩んでいることや、性格などについても尋ねられることがありますが、あくまで答えられる範囲での回答で問題ありません。診察を受けるときには勇気がいるかもしれませんが、自分の現状を把握するという意味合いで捉えてみるのはいかがでしょうか。特別なことだと考えず、健康診断のように自分の心の状態を見極めるつもりで病院を訪れ、ケアが必要なら正しいケアを受けて、元気な自分に戻りましょう。

カウンセリング

早期治療が重要

何だか体がだるい、やる気が起きないという症状があったら、もしかするとうつ病かもしれません。精神科や心療内科ではチェックシートを用いて診断していきますが、セルフチェックもすることが出来るので気になる人はチェックしてみましょう。

手

早めに病院を受診したい

うつ病は環境の変化や、家庭や職場、学校などの様々なストレスが要因になって罹ることが多い病気です。憂鬱な気分が長く続いたり、性欲や食欲が低下したり、意欲や集中力の低下などが見られる場合は、病院でうつチェックを受けて下さい。

ウーマン

休養と薬で治療で回復へ

うつ病は病院やチェックシート、インターネット診断でうつ病かチェックすることができ、病院での治療は休養と薬が一般的です。気分が落ち込んだり、イライラが続く、食欲がないなかなか眠れない場合には病院を受診してみるといいでしょう。

Copyright© 2018 うつ症状かチェックしよう【小さな変化が病気に気づくきっかけ】 All Rights Reserved.